メタボリック症候群の予防法



メタボリック症候群を予防する

 

 

多くの人が、メタボリック症候群という単語を健康診断などで耳にしたことがあるでしょう。メタボリック症候群という単語は、最近ではごく普通に用いられるようになりました。メタボリック症候群の予防効果があるというものは何でしょう。

 

 

この頃は、メタボリック症候群という元々の言葉よりメタボという略称の方が多くの人の知るところにあるようです。メタボとは、メタボリック症候群を言いやすく短くしたものです。

 

 

けれども、どういった状態のことをメタボリック症候群というのかという点については、曖昧にしかわからないという人もいます。人によっては、下腹部がふくらんでいたり肥満体型に見える人は皆メタボだと考えているようです。

 

 

けれど、その解釈は必ずしも正しいものではありません。将来的な病気に繋がる生活習慣病になりやすい、腹囲まわりに多くの脂肪が蓄積されている状態にある人をメタボリック症候群と呼びます。内臓型肥満体型にある人は、心臓病や脳卒中などとも関わりの深い、高血圧や高脂血症になりやすいといいます。

 

 

生活リズムや食習慣を規則正しいものにし、身体を動かす習慣をつけることが、メタボリック症候群予防に役立ちます。下腹部につく脂肪が気になるようならば、メタボリック症候群を確実に予防し、健康的な身体を取り戻して生活習慣病にならないようにしましょう。